【ツアーレポ4】ホエールソングエッセンスを作った海岸へ

ミルクウッドの実
ミルクウッドの実

 プラットボスの森にさよならした後は、車で10分ほどのDe Kelder海岸へ。

ここは、ホエールソングウィズダムエッセンスが作られた海岸です。

 

ホエールソングウィズダムエッセンスは、ミナミセミクジラたちの協力で作られていますが、そのクジラたちも環境の変化で、ここ数年、南アフリカにあまり姿を現さなくなっています。

 

以前より7~8割も、見る確率が減っているということだったので、クジラに出会えるかは本当に運命!でした。

 

けど、いました!いましたよ~!

ライトワーカーさんに、ホエールソングウィズダムシーミスト

De Kelder海岸で
De Kelder海岸で

運良く、私たちが訪問する予定の前日に、クジラが来ているのが発見されたばかりで、ニュースにもなっていたそうです。

ホエールウォッチングが出来るレストランを予約しておいたので、クジラを観ながらランチすることが出来ました。

 

その前に、メリッサと一緒に海岸線で実際にエッセンスを作った場所へ。

 

メリッサがエッセンスを作りに行ったときには、すぐ近くに3頭のクジラがいて、エッセンス作りに協力してくれて出来上がったのが、ホエールソングウィズダムエッセンス

 

このエッセンスには、クジラのメッセージ以外にも。。

・De Kelder海岸は割と波が荒く(南アフリカ全般に言えることですが)、その波打つ力

・古代の遺跡も発掘されているところなので、太古の人々のメッセージも詰まっているように

この場所に行ったからこそ、そして

私がこの海岸へ行くのは3度目でしたが、やっぱりクジラがいてくれると、このエッセンスに込められたメッセージも深く感じられたのかなと思います。

 

メリッサが受け取ったメッセージの中には、ライトワーカーを守るエッセンスだとあります。

私は香りも優しく包み込むようなエネルギーも大好きなのですが、お世話になることの多いミストです。

今年もこんなことがありました。。

フラワーエッセンスにも得意分野がある?

私の浄化グッズ
私の浄化グッズ

普段はお肉を食べない私ですが、出して頂いたものは基本的には有難くいただきます。

でも湿疹が出たり、一番つらいのは悪夢をみること。。どうも動物が見た光景を拾ってしまうようです。

 

今年の6月ごろに、ちょっとしたパーティーに参加させていただいて、小さなステーキが出てきたので

 

「一口サイズだし、命を粗末にするより、いただいてしまいましょう。。。」

と食べた夜、吐きそうなほどの悪夢で、目が覚めてしまいました(苦笑)

 

食べ物からもらったものは、身体にしっかり密着してしまう(感じ)ので、ちょっとひと手間。

お風呂にお塩(石垣の塩 さんの 新月の塩 がこんな時にはお勧め) 

日本では販売されてないのですが、作り手メリッサの友人の作っているフラワーエッセンス「TERRA」

それとシストローズの精油を入れて入ります。

 

それとホエールソングウィズダムシーミストを振ってお日さまに当たってると。。

 

すぅ~っと天に帰ってくれました。

 

 

人によって相性もあると思いますが、フラワーエッセンスも作り手さんによって得意分野があると感じています。

 

肉体的にはバッチのレスキューが、やっぱり頼りになります。

 

ぼおぉぉ~っと歩いていて、霊ちゃんに入られてしまったときなどにも、この組み合わせで私はものすごーく助けれられています。

 

すぐなら、ミストで浄化の瞑想をすれば簡単です。太陽の光の力も、やっぱりすごい。

占い師さんにも、ホエールソングウィズダムシーミストを気に入っていただいてます。

 

霊媒体質の方は、ぜひ試してみていただけたら嬉しいです。

 

 

 

2017年度の南アフリカツアーブログ

その1南アフリカの旅、満喫してきました!

その2アフリカンツリープラクティショナートレーニングコース

その3人の優しさは世界共通

その4「新しく出来たプラットボスのお楽しみ」も、ご覧ください。

 

Facebookにツアーアルバムを作りました。旅の様子をご覧いただけたら嬉しいです。