top of page

やさしさを強さに変えるところ~太古の数秘術による【 2024年2月のお勧めミスト】


伝統的には、消化管の洗浄や胸のつまりを取り除くのに使用します。

また神秘的で保護の力があると信じられている植物です




「くち」チャクラ~やさしさを強さに変えるところ


安らぎの木「サフランウッド」 は「くち」チャクラに働きかける・・・? あまり聞かない「チャクラ」ですよね。

正確には、喉とサードアイの間なので、鼻や口、耳のような外と繋がりのある部分という方が良いかもしれません。 エレメントでは風で、エーテル(空間)と繋がりがある部分です。


空気の出入り口となっている鼻

音という情報を取り入れる耳

言葉を発したり食べ物を取り入れるくち


これらは、自分ではないものを自分の中に摂り入れる最初の部分です。

いったいどこからどこまでが「自分」なのか?と問われたらどう答えますか?外から見える口の奥まで、食べたものが通る喉、消化し吸収されるまで?答えが出るような出ないような、そしてどんな答えを浮かべるかは人それぞれ。


皆さんはどう思いますか?



逆に内にあるものを外に言霊として現す部分が、言葉を発する「くち」チャクラ

月光に包まれるような安らぎの木「サフランウッド」 のパワフルでマジカルで神秘的なチカラを借りて現実化を意識するのもおすすめです。




言霊をオーラの中に流し込む


また安らぎの木「サフランウッド」 が必要な方は自分の言葉を飲み込んでしまうような、バッチのフラワーレメデイならセントーリーのような「ノー」と言えない、どちらかと言うと気が弱いタイプの方も多いのかなと思います。「ノー」と言えないのは優しさのようでいて、人に悪く思われるのは嫌だなという気持ちの裏返しでもあり、私自身も昔はイヤイヤ引き受けることになっては悶々としていた経験者です(笑)



環境を変えることが出来れば一番良くて、転職の際は初めの段階で心を鬼にして残業を断りまくるようにして、会社での自分の「顔」を作ってしまえれば後は良くも悪くも「そういう人だ」と思ってもらえるので後が楽になっちゃいます。


もちろん仕事を頼んできた相手も仕事を押し付けられているような状況なら手伝うなど、相手や状況によって優しさと強さは使い分ける必要はありますよね。



が、「ノー」と言えない状況というものもあります。

でも自分の心を見つめて穴でも掘って「いやだ~~~~~~~~!!!」と叫びたいような時は、思い切って「嫌です」と声に出して、自分を守る内なるチカラを発揮させましょう。

言霊として、心にあることを発することで、「ノー」と言えないようなやさしさを強さに変える自分を守るエネルギーに変換されます


心にあることをしっかり見つめること、そして心から言葉に発することで言霊として力を発揮してくれるのは、こういう場合だけでなく自己実現などに関しても同じです。



嫌なことはノーと言う勇気
言霊がオーラとなり心を守る


パワフルでマジカルに「くち」チャクラを活かすには


私は心からの叡智を信頼します

私は人生という道を信頼して進みます



アファメーションの言葉にもあるように、自分の道を信じるチカラも必要です。

想いを乗せた言霊が発せられたとき、その言霊が自分自身をオーラとして包み込み守ってくれるようイメージしてみましょう。




サフランウッドの硬くて丸い葉が包み込ってくれるチカラを象徴しています。]

ミストする時は、必要な時にはいつでもその葉が包み込んで守ってくれるようイメージすると良いです。いつでも太古の森が味方としてそばにいてくれることを思い出してくださいね。





太古の数秘術による【 2024年2月のお勧めミスト】



苦痛や損失、悲嘆や悲しみの感情に安らぎを与え、保護してくれます。

生きることで簡単に傷ついてしまったり、深い感情を感じる人に。

抱えているトラブルや恐れを声にすることで助けを求める力を与えます。



・繊細なやさしい魂の持ち主に

・エンパス体質に

・子供の心配をし過ぎる両親に

・守護となぐさめが必要なときに



【テーマカラー】シルバー

【キーワード】サポート、プロテクション、滋養

【対応チャクラ】くち(喉)チャクラ 

【働きを高め合うミスト】ブラックバーク 


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page