樹木とのコネクションを感じる

今日から11月。冬の気配が感じられますね。ちょっと寒いくらい!

 

今年二度目のプラットボス行きも迫ってきました。

あちらは初夏。フラワーエッセンスとなるお花にたくさん出会える事を楽しみに出発します♪

※2015年11月12日~21日まではお休みを頂戴します。

 

その前に第5回目のプラットボスシェアとチャクラ瞑想会。11月8日(日)10時~です。

次回は地球を癒すワークを行います。ぜひご参加お待ちしています!

 

前回は、樹木とのコネクションを感じるというテーマで開催しました。

公園のマザーツリー
公園のマザーツリー

家のすぐ前にある公園のマザーツリー

プラットボスで女性性を現すホワイトペアの木と最後の瞑想をした時、この木に触れれば、いつでもここへ来れるのよ、と言われました。

 

そう、私たちはひとつの存在。

遠く離れた南アフリカとだって、隣に座っている人とだって、距離って変わらないもので、ただ、自分の心が距離を作っているだけなんですね。

 

子供たちが駆け回っている中で、集中はしにくいですが

手のひらと額のチャクラをくっつけて、この楠さんと対話して頂きました。

 

触れた瞬間、あったか~い感じが伝わって来たそうです。

 

私もほとんど毎日対話しに行きますが、その日によって強い香りがしたり、力付けてもらったり。。

自分の身を寄せられるのも樹木ならでは、ですね。

身近にあり過ぎて気付かないものに目を向けられる心の余裕

小さなハルリンドウ(六甲高山植物園)
小さなハルリンドウ(六甲高山植物園)

バッチフラワーレメディの初級講座を受けて下さった方から

 

「身近に植物がこんなにあるなんて、今まで気付きませんでした」と、後日ご報告を受けることがよくあります。

 

有難いものって、身近過ぎて気付かないもの。

 

フラワーエッセンス(レメディ)を取っていると、自然との回路が繋がるのですね。

 

そうして何気ない存在に気付くことから、私たちは「生かされているんだ」って気付けるものだと思います。

そうした感覚は、自然界の身近な植物から、身近な人や、自分を支えてくれている全てのものに向けていくと、私たちは全て与えられていて、何て有難いんだろうと感じることが出来るようになっていくものです。

 

自然の中へ出かけて、そのエッセンスを身体いっぱいに吸い込むことも大切だし

日頃、なかなかそんな時間が取れず繋がりを忘れてしまっている時に

太古の森のミストを活用頂けたら嬉しいです。

http://ancientforest.jp/20151101/